人の食の好みはそれぞれだということ

他人の食の好みを否定する権利は誰にもありません。
自分は苦手、嫌いなものでも他人にとっては美味しいと感じることもあります。
大好きだということもあります。
それを否定されるとイラつきにもなりますし、悲しい気持ちにもなるかもしれません。
自分とは違うんだ、という程度に考えておくとよいでしょう。
あからさまに態度に出すのも周りの人を不愉快にさせる原因になってしまうので、どうしても態度に出てしまう人は外食もせず、家族とも一緒にならずに一人で食事をするとよいでしょう。
それがトラブルを回避させることができる唯一の方法です。
1人になってしまえば、誰にも何も言われることもなく、自分自身も気分よく過ごすことができるでしょう。
バランスよく、とは言いますが、好き嫌いがある場合にはバランスよくというわけにはいきません。
それは健康にも影響を与えることにもなりますが、好みに関するトラブルが生じるよりはまだいいのかもしれません。