カレーは作った日に食べるか翌日に食べるか

子どもから大人までに人気のある料理としてカレーがあります。
インド地方が発祥とされていますが、現地のカレーは日本のものとはかなり異なります。
まず色が黄色くありません。
黄色い色は、イギリスで配合されたカレー粉とされます。
インドではいろいろなカレーがあるので、カレーイコール黄色ではありません。
そんなカレーですが、いつ食べるかのアンケートを取るとその日に食べる人よりも翌日やもう少し寝かせた時と答える人が多いです。
カレーの特徴は良く煮込むことでしょう。
2日目やそれ以降ならより煮込まれています。
ですからおいしく感じる人が多いようです。
でも注意が必要です。
それは、ウェルシュ菌と呼ばれる怖い菌が増殖する可能性があるからです。
比較的多くの野菜や肉にあるとされています。
普通に加熱をしてすぐに食べれば問題ありません。
しかし、一旦加熱をしてそのままの状態にすると増えてしまいます。
カレーを保存するとき、すぐに冷やすなどすれば菌を増やさずに済ませられます。