無病息災を祈願しての節分の豆まきは健康にも良い

福は内の掛け声とともに豆をまくのは、日本の伝統でもある節分であり、2月にはバレンタインより先にやってくるイベントです。
暦の上では春になる節分を皮切りに、邪気を豆まきでスッキリ払って、健やかな1年をすごせるように、節分は昔からの素敵な行事として今も津図いています。
豆まきの時に投げるのは福豆であり、普通の大豆ではありますが名前からもわかるように、福を取り込むといわれているので、幸運を願うためにも、無病息災のためにも大活躍です。
家の中で豆まきをした後には、それぞれに本人の年齢の分だけ、大豆をおいしく食べるようにします。
炒り大豆を節分には食べますが、成分として栄養も人間の体に幸運をもたらす食材です。
大豆といえばイソフラボンですが、レベルの高い抗酸化作用を持っていることは知られています。
ダイズサポニンも大豆には豊富なので、気になりやすい血圧を下げてくれるなど、節分にもいただく炒り大豆は優れものです。