体重管理にも大切な役割を持つのが食物繊維

少し前まで食物繊維に関して、今ほど注目はされていませんでした。
しかし現在は健康全般に大切内栄養として、多く注目を集めていますし、消化と排泄にも欠かせないのも食物繊維です。
どれくらい食物繊維を食べればよいかの目安は、1日に男性は38g以上を、女性は25gほど、数字を知ってみると、さほどハードルは高くないことがわかります。
どのように普段から食物繊維を、1日当たりの目安を満たすように摂取したらよいか、最初は戸惑うかもしれません。
簡単なのは食事に、新鮮野菜や果物を取り入れること、皮ごと食べられる食材なら、皮ごと食べることです。
なぜ皮を食べるかでいえば、食物繊維の含有量として、皮にはとても多くの食物繊維が含まれるためであり、よく洗って食べるようにします。
果物も野菜もなるべく、丸ごとフレッシュな状態を食べることです。
シリアルは穀物でできていますが、生成されたシリアルは食べるのを控えるようにして、ナッツやオーツ麦を食べるようにします。
何か口さみしい時にはナッツ類や豆、種子類を食べることで、食物繊維も摂取できますし、軽食としても健康的です。